シェーバーを使って整えるには

VIOはお手入れの難しい場所です。 アンダーヘアを自己処理をするとなると、見えにくく、デリケートな部分だからです。
またアンダーヘアは、体の他の部位の毛よりも毛質が固く太い場合が多いです。
ワックスを使ったり、脱毛器で抜くと、敏感肌の方には、肌が荒れてしまう心配があります。
剃刀で剃ると、毛先がツンと尖ってショーツを突き破ってしまったり、色素沈着や埋没毛の原因になることもあります。
永久脱毛で処理することもできますが、サロンで施術をしてもらうには、シェーバーで事前に処置してくるようにと言われます。

VIOの自己処理をシェーバーで行うには、専用のものを使うときれいに仕上がります。
シェーバーにはさまざまな機能がついていたり、部位によってアタッチメントを変えたりして使うものもあります。
全身用の物は、脇や腕、足にも使うことができます。
全身用の特徴は、パワフルさです。
当てる部位によって、パワーは選ぶことができますが、どんどんいけてしまうので、ついやり過ぎて、皮膚まで削って血が出てしまうことも。
力加減には注意です。
また水に濡れた状態で使えるものもあり、お風呂のなかでお手入れができます。

携帯に便利な小型タイプも
旅行などには、携帯用の小さな物もあります。
ペンシルタイプの形状で、ポーチに入れて持ち運びができます。
あくまで携帯用の小型なので、パワーは期待できません。
これでVIO全体を処理しようとなると、かえって重労働です。
さっと、目立つ部分だけをという場合に助かります。



VIOトリマーとは?

自己処理によってVIOの脱毛を行うにはシェービングを行うのが一般的ですが、肌にダメージを与える心配がありますし、剃った後の毛先が尖っているためにチクチクする不快感があります。 この不快感を解消できるのがVIOトリマーとなります。
VIOトリマーはシェービングのように毛を切るのではなく、熱で溶かして切断するため毛先が尖らないというメリットがあります。
ですから自己処理で問題となる不快感を最小限に抑えることが可能なのです。
トリマーには剃刀と同じ原理となっているものと熱線を使用しているものの2種類がありますが剃刀と同じ原理のものは使用感も剃刀と同じですから良いとはいえないのです。

トリマーを選ぶポイントは?
ですからトリマーを選ぶ際には熱線式のものを選ぶ必要があります。
VIOトリマーは自己処理のためのアイテムですが、エステサロンやクリニックで脱毛を受ける際にも使用することが可能です。
サロンなどの脱毛では施術当日に前処理を行っていくのが常識となっています。
前処理とは施術の効果が高められるように毛をカットし揃えることですが、適度な長さが必要になってきます。
完全に剃る必要はありませんが長すぎてもよくありませんので、適度な長さにする必要があるのです。
熱線式のトリマーであれば簡単に毛並みを揃えることが可能ですから、施術前の処理に使用することも可能なのです。
脱毛では光を毛に反応させることでもう某細胞を破壊しますので、施術時には適度な長さにするために使用することも可能なのです。