黒いVIOになる理由

VIOが黒いのは、多くの女性が抱えている悩みで、様々な原因によって起こります。 多くが外的な刺激を受け続けることで黒ずみが発生し濃くなってしまうことが一番の原因と言われています。
肌は外から刺激を受けると、メラニン色素を作り出してその部分を保護するように働くため、黒や褐色の色素沈着が起こってしまうのです。

VIOは、下着や衣類を着用する部分であるため、常に締め付けや摩擦を受けているため、これらの刺激によって肌は黒ずんでしまいます。
特に最近は、タイトパンツやスカートなどを穿く人が増えているため、VIOへの締め付けもより強く、黒い色素沈着が発生する大きな原因になっています。

そのほかの理由は?

摩擦や刺激以外にも、ホルモンバランスの乱れやストレス、不適切な脱毛処理などもVIOを黒くする原因になっています。

VIOに生えたアンダーヘアのケアは、女性にとっては欠かせませんが、脱毛方法を間違えてしまうと黒ずみの原因にもなってしまいます。毛抜きで引き抜いたり、カミソリを使用していると、毛穴も開いたり、肌も傷めてしまうため、黒ずみの原因にもなります。

黒ずみの原因であるメラニン色素は、ターンオーバーが正常であれば、約28日周期で生まれ変わり、角質としてはがれ落ちていきますが、ストレスやホルモンバランス、生活習慣、栄養バランスの乱れ、加齢など様々な要因によってターンオーバーのサイクルが遅くなってしまうと、メラニン色素が含まれた角質がなかなかはがれ落ちないのでどんどん黒ずみが濃くなってしまいます。

メラニン色素の働きを抑えるには、美白化粧品を使用するのも効果的です。

黒ずみを解消するためにはターンオーバーのサイクルを正常化し、規則正しい生活習慣や適度な睡眠、ストレスの解消やバランスのよい栄養素の摂取などが望ましいのです。



黒ずみが気になる前に処理を!

VIOのムダ毛を処理することによって、下着や水着からムダ毛がはみ出る心配がなくなり、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。 エステやクリニックでは、おへその下から恥骨の上にかけてのVIOのことをVゾーンと呼び、毛の生えぎわの形を整えてデザインすることも、ムダ毛を完全に処理してしまうことも可能です。

肌に優しい脱毛は?

肌に優しく、施術中の痛みを抑えたい場合は、光脱毛または、レーザー脱毛が最適です。メラニン色素に反応するライトの性質を利用し、黒い毛の毛根にある、発毛のもとにダメージを与えて制毛を促す方法です。
明るい色には反応しないので、肌には負担が少ないのが特徴です。
光脱毛は照射面積が広いので、施術時間が短くでき、痛みもほとんどありません。
光を集中させるレーザー脱毛は、より高い脱毛効果を得ることができますが、照射したときにゴムでパチンと弾いたような刺激を感じることがあります。

ニードル脱毛とは?

VIOの毛を間引きしたい時などは、ニードル方法が適しています。
毛穴に針を刺して電気を流し、発毛組織を凝固させて脱毛するこのやり方は、一本ずつをピンポイントで処理することができ、永続性も高いのですが、針を刺したときに多少の痛みを伴うことがあります。
まとめ
いずれの方法でも、毛の生えかわる周期に合わせて成長期の毛にお手入れを施す必要があります。毛周期には多少の個人差はありますが、VIOの場合、毛の成長期は1~2年おきの訪れます。このサイクルに合わせて、施術をすると、より確実な脱毛効果を得ることができます。