自宅でできるVIOのケア方法

水着を着る季節になってくるとVIOが気になってきますが、エステなどの脱毛には行きたくないけどVIOのケアはしておきたいと言う人には、自宅でできるVIOのケア方法があります。

ケアの方法は?

用意するものは
  1. ホットタオル
  2. 化粧水
  3. ピンセット
  4. コットン
の4つです。
ピンセットは肌トラブルを避けるためにも、使う前にきれいに洗浄して、清潔な上体で使うようにしましょう。
タイミングとしては入浴後の体が温まってるときが毛穴が開いているので脱毛しやすいです。
まず、ホットタオルをVIOの脱毛箇所に3分間くらい当てて、その部分の皮膚を柔らかくして、毛穴を開かせましょう。
温めることでVIO特有の硬い毛質も柔らかくなって逆立ってくるので、抜きやすくなります。
毛の方向に向かってピンセットで抜いていきましょう。
このときVIO近くの皮膚をピンセットをもっていない手で伸ばしながら抜くようにすると抜きやすくなります。
また、毛の生えている下の部分にピンセットを置いてゆっくりと抜くと痛くならなくて良いです。
気になる部分の毛が抜き終わったら、コットンに化粧水をたっぷりとつけて、脱毛した箇所に5分ほど当てておきます。
こうすることで、毛穴を引きしめることができますし抜いた後の肌の炎症を抑えながら保湿をすることができます。
脱毛した後は肌に負担がかかっていますから、化粧水でのケアは必ず行うようにしましょう。
毛の生え方など個人差はありますが、週に1度くらいを目安にケアすると良いでしょう。



VIOに脱毛クリームを使用する際の注意

VIO部分の毛を処理する方法の一つに脱毛クリームを使ったものがあり、現在でも一般的に行われています。 VIOは皮膚も薄く、ケアしにくい部分であるため、カミソリを使ったムダ毛処理によって、皮膚を傷つきやすい部分であるため、脱毛クリームを使用する人が多いのです。

また、脱毛クリームを使用した処理は、毛をなくしたい部分にクリームを塗り、決められた時間が経過した後に洗い流すだけでムダ毛がきれいになくなるので、処理した直後は毛による刺激もなく、無毛状態になります。

自宅で簡単に処理できる上、すぐに毛をなくすことができるので、手軽です。

しかし、VIOの皮膚はとてもデリケートであるため、毛を溶かして無くすクリームは肌荒れを起こしてしまう可能性もありますから、肌トラブルを抱えている場合や、肌が弱い人、敏感肌の人にはおすすめできません。

クリームでのケアを行う場合は、VIO専用のものを使用して行いましょう。
腕や脚に使うタイプの脱毛クリームは、デリケートなVIOには適していません。

VIOに脱毛クリームを使用する場合は、専用のものであっても、必ずケアを行う前に肌にトラブルが起こらないかを確認すrために、ごく少量で試してから使用しましょう。

また、脱毛クリームは、IラインやOラインには絶対に使わないでください。
IラインやOラインには粘膜があり、粘膜を傷つけてしまうと、腫れや出血などが起こり、重大なトラブルになってしまうことがあります。